勃起不全と勃起不全治療薬の種類

勃起不全とは「性交時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が維持できないため、満足な性交が行えない状態」をいいます。ストレスなどの心因性、生活習慣病によって起こる勃起不全など様々な原因があります。

勃起不全の治療で使われる薬は、「PDE5阻害薬」というものです。男性が性的刺激を受けると、その興奮が脳からペニスの神経に届き、神経の末端から「一酸化窒素」が放出され、細胞内に「サイクリックGMP」という血管拡張物質が増えます。すると、陰茎海綿体の血管が拡がって血液が流れ込み、ペニスが勃起するのです。

しかしサイクリックGMPは、「PDE5」という酵素に分解されやすい性質を持っており、分解されると、血管の拡張が十分にされず、勃起しにくく なってしまいます。PDE5阻害薬は、その名の通り、PDE5の働きを阻害して、サイクリックGMPを働きやすくし、勃起の働きを正常化する薬です。

勃起不全の薬というと、精力剤や媚薬と誤解して、「ところ構わず勃起し続けるのではないか?」と不安に思う方もいるようです。しかしPDE5阻害薬の服用後は、性的な刺激を受けて初めて勃起し、性的刺激がなくなれば勃起が治まるので、心配はありません。

現在、日本で認可されているPDE5阻害薬には、「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3種類があります。それぞれ紹介いたします。

1.バイアグラ

世界で最初に、勃起不全の治療薬として開発された薬です。現在でも、世界中でもっとも広く利用されている勃起不全治療薬なので、それだけ安全性や有効性が認められています。服用から15分ほどで効果が出始め、その後、4時間ほど効果が持続できますが、一般的には、性行為の1時間ほど前に服用することが多いようです。ただし、食事の影響を受けやすいので、空腹時か食後2時間後の服用が勧められています。

2.レビトラ

レビトラは、「第二の勃起不全治療薬」として開発された薬です。効果の持続時間は、バイアグラとほぼ同じですが、バイアグラよりも大容量の服用が認められているので、たくさん飲めば持続時間が長くなります。比較的に食事の影響を受けにくいという特徴がありますが、空腹時のほうが薬の効果を確実に引き出せます。

3.シアリス

シアリスは最新の勃起不全治療薬で、持続時間が最大36時間と有効時間が長いのが魅力です。食事の影響も受けにくいので、服用のタイミングを気にする必要がありません。また、バイアグラやレビトラには、顔のほてりや鼻づまり、頭痛などの副作用が時々ありますが、シアリスにはそういった副作用が少ないという特徴もあります。